Sponsored Link

「違いの雑学」判子と印鑑の違いとは?

判子と印鑑

判子と印鑑の違い

大事な書類に署名をしてさらに判子を押すことがありますね。
「判子を押してください」「印鑑を押してください」と普段は同じような感覚で使ってしまいますが
判子と印鑑の違いってわかりますか?
(参考:印章wikipedia)

判子とは?

判子とは、個人や組織がたしかに当事者であることを示すための印を押す道具のことをいいます。
多くは棒状のかたちをしていて、その断面は円形、角型、楕円形など様々です。

印鑑とは?

印鑑とは、判子をつかって押された紙等の上にのこった文字や絵など印そのものを指します。

判子と印鑑の違いまとめ

判子と印鑑の違い

・判子とは、個人や組織がたしかに当事者であることを示すための印を押す道具のことをいいます。
・印鑑とは、判子をつかって押された紙等の上にのこった文字や絵など印そのものを指します。

判子は印を押すための道具、印鑑は紙などのうえにのこった印そのものという違いがあります。
日常では同じような感じで使っても意味は通じますが、ビジネスでは使いわける方がいいでしょうね。
契約の書類や受領のサインなど、判子が必要になる機会は多いですが、非常に重要な行為なので安易な署名や捺印は禁物ですよ。
以上が「違いの雑学」判子と印鑑の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



One Response to “「違いの雑学」判子と印鑑の違いとは?”

  1. SAYAKA より:

    お陰様で、又一つ賢くなりました。

コメントを残す

このページの先頭へ