Sponsored Link

「違いの雑学」パスポートとビザの違いとは?

パスポートとビザ

パスポートとビザの違い

海外に旅行に行くのはとても楽しい経験です。でも準備するものはたくさんありますね。
そのなかでも特に重要なものがパスポートです。
一方、ビザという言葉も知っていることでしょう。
ではパスポートとビザってどう違うのでしょうか?
(参考:Wikitravel)

パスポートとは?

パスポートとは、母国に発行してもらう「たしかにこの国の国籍を持っているひとです」ということを証明してもらう身分証明書です。
日本国民なら日本のパスポート、アメリカ国民ならアメリカのパスポートを発行してもらうことになります。
パスポートを発行してくれるのは母国の政府です。

ビザとは?

ビザとは、渡航先の政府に発行してもらう「あなたの入国を認めます」という入国の許可証です。
実際には、渡航前に在外公館(大使館や領事館)で申請、発給してもらいます。
観光ビザ、商用ビザ、留学ビザ、研究ビザ、ワーキングホリデービザなど渡航の目的によって種類がわかれます。
ただ、査証相互免除協定を結んでいる国が渡航先の場合には、観光目的の短期滞在ならビザがなくても入国できるようになっています。

パスポートとビザの違いまとめ

パスポートとビザの違い

・パスポートとは、母国に発行してもらう「たしかにこの国の国籍を持っているひとです」ということを証明してもらう身分証明書です。
・ビザとは、渡航先の政府に発行してもらう「あなたの入国を認めます」という入国の許可証です。

パスポートは母国に発行してもらう身分証明書、ビザは渡航先の国に発行してもらう入国許可証といったところですね。
この2つは全く別のものです。
海外に渡航する際にはパスポートは必ず呈示をもとめられますし、ビザは渡航目的に合わせて正しい手続きを行って取得しておかないといけません。
以上が「違いの雑学」パスポートとビザの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ