Sponsored Link

「違いの雑学」うなぎとあなごの違いとは?

うなぎとあなご

うなぎとあなごの違い

土用の丑の日にはうなぎを売り出す広告をよく見ます。
夏バテ防止の食材としてのうなぎは日本ではおなじみの習慣となっていますね。
一方でよく似た魚に、あなごがいます。
こちらもおいしい魚ですが、うなぎとあなごとはどう違うのでしょうか?
(参考:アナゴ ウナギwikipedia)

うなぎとは?

うなぎとは、ウナギ目ウナギ科の魚です。
淡水魚ですが、産卵のために海へ出ます。皮下に小さな鱗をもち、この点があなごとの見た目のうえでの違いです。
日本では大変古くから食用に親しまれた魚であり、鰻丼、かば焼きなどが有名です。
ビタミンA、EPA、DHAなどの栄養が豊富で、高たんぱくの食材として重宝されています。

あなごとは?

あなごとは、ウナギ目アナゴ科の魚です。
一生を海で過ごします。体の側面に白い点が横一列に並んでおり、鱗がありません。
食材としては寿司、天ぷら、かば焼きなどで親しまれています。
価格がウナギより安く、高たんぱく低カロリーという特徴があります。

うなぎとあなごの違いまとめ

うなぎとあなごの違い

・うなぎとは、ウナギ目ウナギ科の魚です。淡水魚ですが、産卵のために海へ出ます。皮下に小さな鱗をもち、この点があなごとの見た目のうえでの違いです。
・あなごとは、ウナギ目アナゴ科の魚です。一生を海で過ごします。体の側面に白い点が横一列に並んでおり、鱗がありません。

うなぎとあなごは見た目でわりと容易に区別できるようですね。
鱗があればうなぎ、なければあなごです。また白い点が一列に並んでいるものがあなごです。
また、栄養面ではうなぎの脂質はあなごの倍以上だそうです。
食べたときの味わいの濃厚さは、脂質の含有量の差にあるようです。当然、うなぎのほうがカロリーも高いです。
ただ、うなぎの価格が高いこともあって、低カロリーなあなごはヘルシーな代替品としても注目されているようです。
以上が「違いの雑学」うなぎとあなごの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ