Sponsored Link

「違いの雑学」信用と信頼の違いとは?

信用と信頼

信用と信頼の違い

人間関係を築いていくときにとても大事なのが信用、信頼ですね。
同じような感覚で使っていますが、その違いってあるのでしょうか?
信用と信頼の違いはわかりますか?
(参考:信用 信頼 コトバンク)

信用とは?

信用とは、信じて任せること、過去の実績や成績を見て「この人なら大丈夫そう」と判断することです。
成績や成果物の仕上がりがよければ、それを作ったひとへの評価に結びつくので、なにかしらの過去の実績がないと信用は得られないということになります。

信頼とは?

信頼とは、信じて頼ること、「この人に任せておけば大丈夫だろう」「この人なら秘密を守ってくれるだろう」といったように精神的な安心を伴うことが多いようです。
相手が将来にとってくれるであろう態度や出してくれるだろう結果を見込んでの気持ちなので、未来にたいして期待する気持ちも強いものになります。

信用と信頼の違いまとめ

信用と信頼の違い

・信用とは、信じて任せること、過去の実績や成績を見て「この人なら大丈夫そう」と判断することです。
・信頼とは、信じて頼ること、「この人に任せておけば大丈夫だろう」「この人なら秘密を守ってくれるだろう」といったように精神的な安心を伴うことが多いようです。

信用するにはいままでの経歴や評判、実績といった過去の出来事がベースになっているようです。
信頼するにはその人物の過去も大事ですが、将来に向かって期待を抱くという点でより強い気持ちのようです。また、「頼る」という言葉が入っているように
精神的な意味あいでの結びつきが強まります。

以上が「違いの雑学」信用と信頼の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ