Sponsored Link

「違いの雑学」削減と低減の違いとは?

信用と信頼

削減と低減の違い

予算に占める出費が多すぎるときには支出の額をカットしたいと思いますね。
カットするときに使う言葉はいろいろありますが、
削減と低減という語を使うことがあります。
さて、削減と低減の違いがわかるでしょうか?
(参考:削減 低減goo辞書)

削減とは?

削減とは、一定の範囲を切りとって少なくすること、予算や量などの内容を削って減らすことです。
予算を削減する、兵器を削減する、大胆な削減案といったように使います。
意識して思い切って量を減らすときに使うことが多いようです。

低減とは?

低減とは、数が減ること、減らすこと、また値段が安くなること、安くすることを言います。
出生率が低減する、販売価格を低減するといったように使います。
意識して減らすだけでなく、数量が自然と減少することも内容に含んでいます。

削減と低減の違いまとめ

削減と低減の違い

・削減とは、一定の範囲を切りとって少なくすること、予算や量など内容を削って減らすことです。
・低減とは、数が減ること、減らすこと、また値段が安くなること、安くすることを言います。

削減のほうが大幅に減少させる、はっきりと意識して減少させる、といった意味合いが強いです。
低減も自覚して減らす意味がありますが、自然現象として減っている状態をも含みます。

以上が「違いの雑学」削減と低減の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ