Sponsored Link

「違いの雑学」社会主義と共産主義の違いとは?

社会主義と共産主義

社会主義と共産主義の違い

聞いたことがあっても説明しようとするととても難しい言葉はいくつかありますね。
社会主義と共産主義もそんな言葉のひとつです。
さて、社会主義と共産主義の違いってわかりますか?
(参考:社会主義 共産主義wikipedia)

社会主義とは?

社会主義とは、資本主義社会で発生する貧富の差を解消するべく、平等な社会を築こうとする思想や経済システムのことです。
資本主義社会は自由に競争ができますが、その結果として裕福な人はどんどん裕福に、貧しい人はより貧しくなっていく側面もあります。
経済活動を国が管理することによって、貧富の差の拡大や景気の良しあしに左右される状態を起こらないようにしようとする考え方です。

共産主義とは?

共産主義とは、社会主義をさらに高次の段階に発展させて、資本家・労働者といった階級がなくなりあらゆる点で平等が進んだ状態の社会の段階のことです。
最終的には政府すらなくなるという筋書きですが、いままでにこの段階に達した国家はありません。

社会主義と共産主義の違いまとめ

社会主義と共産主義の違い

・社会主義とは、資本主義社会で発生する貧富の差を解消するべく、平等な社会を築こうとする思想や経済システムのことです。
・共産主義とは、社会主義をさらに高次の段階に発展させて、資本家・労働者といった階級がなくなりあらゆる点で平等が進んだ状態の社会の段階のことです。

歴史的には19世紀に資本主義の矛盾を解消するべくマルクスやエンゲルスによって確立された社会主義思想のなかで、
資本主義の次の段階として社会主義、さらに発展させた共産主義という社会の発展段階が唱えられました。
ただ、ソビエト連邦の崩壊を経た現在、社会主義のシステムを採る国は少なくなっています。
以上が「違いの雑学」社会主義と共産主義の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ