Sponsored Link

「違いの雑学」丁重と丁寧の違いとは?

丁重と丁寧

丁重と丁寧の違い

相手への気配りができて配慮が行き届いている様子を丁寧、と言います。
同じような感覚で使う言葉に丁重があります。
似ている言葉ですが、違いはあるのでしょうか。
さて、丁重と丁寧の違いってわかりますか?
(参考:丁寧goo辞書 )

丁重とは?

丁重とは、相手への態度や扱い、行動が礼儀正しく手厚いことを言います。
鄭重とも書きます。
丁重な挨拶、丁重なもてなし、丁重にお断りする、といったように使います。

丁寧とは?

丁寧とは、手を抜かずに細やかな気配りができている様子、また言動が礼儀正しく配慮がある様子をいいます。
丁寧な挨拶、丁寧に書かれた文字、丁寧な手仕事、といったように使います。

丁重と丁寧の違いまとめ

丁重と丁寧の違い

・丁重とは、相手への態度や扱い、行動が礼儀正しく手厚いことを言います。鄭重とも書きます。
・丁寧とは、手を抜かずに細やかな気配りができている様子、また言動が礼儀正しく配慮がある様子をいいます。

意味合いとしてはほぼ同じですが、実際には使いわけがある程度決まっていますね。

「丁重にお断りする」とは言っても「丁寧にお断りする」とは言わないですし「字を丁寧に書く」とは言っても「字を丁重に書く」とは言わないですね。
使い方のパターンを知っておくことで、使いわけが上手にできるでしょう。

以上が「違いの雑学」丁重と丁寧の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ