Sponsored Link

「違いの雑学」温めると暖めるの違いとは?

温めると暖める

温めると暖めるの違い

漢字の使い分けはけっこう難しいものです。
温めると暖めるも、使いわけに迷うことがある漢字のひとつです。
さて、温めると暖めるの違いってわかりますか?
(参考:意味辞典 温めると暖めるの意味の違い)

温めるとは?

温めるとは、冷たいの反対語で、冷たいもの、冷えているものをほどよい温度に高めることをいいます。
またひとの気持ちや交友関係、アイデアなど抽象的なものにも使えます。
スープを温める、水を温める、温かい歓迎を受ける、旧交を温める、長年温めていたアイデアがある、といったように使います。
温める対象が、舌や指先など身体の一部で温度を感じ取るものである場合には温めるを使うことが多いようです。

暖めるとは?

暖めるとは、寒いの反対語で、空気や大気の温度をあげるときによく使います。
部屋の温度を暖める、暖かい朝、暖かい気候、といったようにつかます。
空気や室温のように身体全体で温度を感じ取るときには暖めるを使うことが多いようです。

温めると暖めるの違いまとめ

温めると暖めるの違い

・温めるとは、冷たいの反対語で、冷たいもの、冷えているものをほどよい温度に高めることをいいます。
またひとの気持ちや交友関係、アイデアなど抽象的なものにも使えます。
・暖めるとは、寒いの反対語で、空気や大気の温度をあげるときによく使います。

暖めるは空気や大気といった気温に関するときに使うことが多いのですが、温めるのほうがより幅広く使用できるようです。
あたためる対象がなにであるか、また反対語がなにであるかを考えると、使いわけがしやすそうですね。
以上が「違いの雑学」温めると暖めるの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ