Sponsored Link

「違いの雑学」木綿(もめん)豆腐と絹(きぬ)豆腐の違いとは?

絹豆腐と木綿豆腐

木綿豆腐と絹豆腐の違い

普段何気なく食べているお豆腐。
豆腐には、木綿や絹と書かれているものが販売されていますが。
さて、木綿豆腐と絹豆腐の違いってわかるでしょうか?
(参考:豆腐 wikipedia)

木綿(もめん)豆腐とは?

豆乳に凝固剤を入れて布を敷いた型箱にいれ、圧力をかけて水分を飛ばし再び凝固させたもの
絹と比べると、水分が少ないため木綿の様な食感(舌触り)な事から木綿と言われるようになった。

絹(きぬ)豆腐とは?

木綿よりも濃度が濃い豆乳に凝固剤を入れて布を敷いた型箱にいれそのまま固めて作られたもの
絹は、水分をしぼらない為、木綿に比べると滑らかな舌触りだという事から絹と言われるようになった。

木綿豆腐と絹豆腐の違いまとめ

木綿豆腐と絹豆腐の違い

・木綿豆腐とは、豆乳に凝固剤をいれ型箱にいれ圧力をかけて水分を減らしてから凝固させたもの。
・絹豆腐とは、木綿よりも濃度の濃い豆乳を使い水分は飛ばさずそのまま固めたもの。

豆腐本来の舌触りや食感を味わいたい場合は、絹豆腐が最適です。
また、煮たり焼いたりする料理には木綿豆腐が最適だと言えます。
(参考:日本豆腐協会

以上が、「違いの雑学」木綿(もめん)豆腐と絹(きぬ)豆腐の違いとは?になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ