Sponsored Link

「違いの雑学」早いと速いの違いとは?

早いと速いの違い

あの車は、はやい
弁当食べるの、はやい
あの子は足が、はやい
明日の部活は、はやい

はやいという言葉は速度を表す言葉ですが、漢字で書くと「早い」「速い」という書き方があります。

さて、あなたは、「早い」と「速い」の違いって解りますか?

早いとは?

早いとは、時間・時刻を表します

例、明日の朝は早い・明日の会議は朝早い・車より電車の方が早い・気が早い
物事が起こる前の事に使われる事が多い。

英語で表すとearlyとなります。

速いとは?

速いとは、スピード・速度を表します。

例、頭の回転が速い・あの車速い・足が速い・などなど

物事を行うに当たっての時間が短いまたは少ない時に使われます。
英語で表すとfastとなります。

早いと速いの違いまとめ

早いと速いの違いまとめ
早いは、時間や時刻また、事象の起こる前の事を指します。
速いは、現実に目に見えるピードや速度の事(瞬間的な速度)を指します。

早いと速いの使い分け

・速い飛行機と言えば、普通の飛行機よりもスピードが速い飛行機
・早い飛行機と言えば、朝早い飛行機

以上、「違いの雑学」早いと速いの違いとは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ