Sponsored Link

「違いの雑学」社長と頭取の違いとは?

頭取と社長の違い

社長と頭取の違いについて

頭取と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

頭取の意味は、音頭を取る人・集団のかしらと言う意味があります。

頭取とは、主に銀行で使われている肩書で筆頭取締役と同じ意味を持ちます。
簡単に言えば、地位が一番上の人と言う事になります。

一般企業では、会社で一番地位が高い人の事を社長と呼びます。
ですから、頭取も社長も地位の一番偉い人と言う点では同じ立場という事になります。

銀行はなぜ頭取と呼ぶの?

銀行頭取

以前の日本では、組織の中で一番地位の高い人(仕切り役)を頭取と呼ぶ習慣があり、銀行もその一つだったと言われています。
その名残りが、今でも続いていると言われています。
今でも殆んどの都市銀行や地方銀行は、銀行のトップの事を「頭取」という肩書きで使っています。

ですが、スルガ銀行の様に頭取から社長に肩書を変更している銀行もあります。
スルガ銀行の見解からすると、銀行が頭取と呼ぶのは「銀行は特別」という意識があるからだと記載されています。
どちらにせよ、頭取も社長も会社の中で一番地位の高い人の肩書きと言う事には変わりません。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ