Sponsored Link

「違いの雑学」コーヒの無糖・低糖・微糖・甘さ控えめの違いとは?

缶コーヒー

「違いの雑学」コーヒの無糖・低糖・微糖・甘さ控えめの違いについて

最近では、缶コーヒーの種類も増えてきました。
缶コーヒーを飲む時、「無糖」「低糖」「微糖」「甘さ控えめ」などと表示がありますが、一体どんな違いがあると思いますか?

消費者庁の食品表示によると、

無糖とは?

100mlあたりの糖類が0.5g未満の場合に、「無糖」という表示を使用しても良いとなっています。
したがって、無糖=糖類が0ではない。と言う事にもなります。
全く糖類が入っていない訳ではないのですね・・・。

微糖とは?

飲料(コーヒー)100mlあたり糖類が2,5g未満の場合に「低糖」「微糖」という表示ができるとなっています。

したがって、「低糖も」「微糖も」同じ内容で糖類が2,5g未満の飲料(コーヒー)だという事になります。

甘さ控えめとは?

「低糖」「微糖」のように、糖が少ないを表示しているので食品表示義務があるのですが、甘さ控えめなど「甘さ」には表示義務はありません。
したがって、凄く甘いコーヒーよりも、少しでも甘さを抑えれば「甘さひかえめ」と記載しても問題はありません。
甘さ控えめだと言っても、糖類が凄く少なくなっている訳ではないので注意が必要です。

以上、「違いの雑学」コーヒの無糖・低糖・微糖・甘さ控えめの違いとは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ