Sponsored Link

「違いの雑学」いつも飲んでいるコーヒーとラテの違いとは?

コーヒーとラテの違い
いつも飲んでいるコーヒーとラテの違いをご存じでしょうか?コーヒーは自宅でも気軽に飲め、多くの人々が愛用して飲まれています。一般的にコーヒーはコーヒー豆を焙煎し挽いた粉末状にお湯や水を注ぎ、抽出した液状の成分を指します。世界各国で愛用されているコーヒーは嗜好飲料として飲まれています。コーヒーとは焙煎された豆や粉末状の物、液状の物を一般的に呼びます。

コーヒーとは

コーヒー
コーヒーとはアラビア語から語源が始まります。
コーヒーはアラビア語のカワラが転訛したものと言われ、元々ワインを指していた言葉です。カワラはワイン似た覚醒作用をもたらすコーヒーに使用されるようになったのが語源の始まりです。

またエチオピアのコーヒーの産地で呼ばれていたカッファがアラビア語に伝わったとも言われています。コーヒーの原料となるコーヒー豆は3~3.5mぐらいの常緑低木に白い花を咲かせるコーヒーノキの果実になります。

コーヒーの飲み方には直接コーヒー豆を焙煎し粉末状にお湯を注いで抽出した液体を飲むレギュラーコーヒーやウォータードリップ(水出し)、ペーパードリップ、ネルドリップ、エスプレッソマシンなどの抽出方法を利用して飲まれています。コーヒーの飲み方は世界中で方法が異なり様々な抽出方法を取入れ愛飲されています。

コーヒーとラテの違い

コーヒーとラテはお互いにコーヒー豆を使用して作られています。コーヒー豆からコーヒーの成分を抽出する方法には直接お湯を注いで抽出するドリップ式と専用のマシンを使用してコーヒー豆に圧力をかけ抽出するエスプレッソ式に分けられます。エスプレッソはドリップ式に比べ味が濃くカフェインが少ないのが特徴です。

コーヒーに多く利用されているミルクも色々と存在し大きく分けて3つの種類があります。一般的にミルクと言われる粉末や液状の物や直接注ぐ牛乳、専用のマシンを使い牛乳を蒸気で温めたスチームミルク、牛乳を蒸気熱と空気で温めながら泡立てたファームミルクが存在します。

ラテと呼ばれる飲み物はエスプレッソ式で抽出したコーヒーの液状の成分にスチームミルクを加えたの“ラテ“と呼ばれるものです。イタリアではラテは直接牛乳を加える飲み物でスチームミルクを加えるラテはアメリカの方法です。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ