Sponsored Link

「違いの雑学」ヘアトニックとヘアリキッドの違いとは

ヘアトニックとヘアリキッドの違い

温泉やスポーツクラブ、ジムなどの施設にはヘアトニックやヘアリキッドが用意され男性でも何に使う為に用意されているのか、分からない方が多いのではないでしょうか?男性の脱衣所にあるヘアトニックとヘアリキッドの違いを見ていきましょう。

ヘアトニックは何に使用するもの!?

ヘアトニック
男性の脱衣所に置いてあるヘアトニックは髪や頭皮に使用する為の物です。ヘアトニックを使用することで髪や頭皮をケアすることが出来ます。ヘアトニックは髪を洗った後に使用する物で薄毛や炎症の原因をケアしてくれます。ヘアトニックを使用することで頭皮状態を整える働きがあります。

ヘアトニックの主な働きにはフケや頭皮のニオイ、かゆみ、炎症を抑えてくれます。シャワーやお風呂上りにヘアトニックを使用し清潔な頭皮を保つことが出来ます。

ヘアトニックの使用方法には髪をシャンプーした後に使用し頭皮に直接適量を塗布します。頭皮にヘアトニックを塗布したら揉み込みしながら頭皮をマッサージするように使用します。

ヘアリキッドは何に使用するもの!?

ヘアリキッド
男性の脱衣所に置いてあるヘアリキッドは髪のスタイリングや整髪用の油です。ヘアリキッドは鉱物油や植物油などが配合され爽快感や紙に潤いを与えられます。ヘアリキッドは他のスタイリング剤と異なりソフトなスタイリングを髪に与えることが出来ます。

ヘアリキッドの使用方法はヘアリキッドを髪全体に良く馴染ませてブラシや指先で髪を整えます。通常使用されているヘアワックスやクリーム、ジェルのように使用することが出来ます。若い男性の髪型のように髪を遊ばせる動きを付けるにはヘアリキッドは向いていません。ちなみにヘアリキッドは日本語になるので、海外のホテルや施設にはヘアリキッドと言っても通じません。

ヘアトニックとヘアリキッドを上手に使い分けることでシャワー後や入浴後の髪や頭皮を整え、自分の好みに合わせて髪をスタイリングすることが出来ます。ヘアトニックとヘアリキッドは店頭でも市販され、女性用も販売されています。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ