Sponsored Link

「違いの雑学」振込と振替の違いとは?

振込と振替の違い

日本には様々な銀行機関が存在し色々なサービスを提供しています。銀行やATMには資金移動の為に振込と振替のサービスが用意されています。この2つの用語を聞くと似ているような感じがありますが、実は異なった銀行サービスになります。良く似た2つのサービスはお互いに資金移動の手段に利用されており違いが分かり難いです。振込と振替の違いを見ていきましょう。

振込と呼ばれる銀行のサービスとは

振込

良く、耳にする振込とは他銀行の口座や同じ銀行の別支店の口座に資金移動することを言います。通常は第三者の銀行口座に資金を送金する為の手段として利用されています。本人名義の口座でも他銀行や他支店の口座に送金する場合に振込が利用されています。振込は現金や口座から資金を送金することが出来ます。振込にはキャッシュカードや銀行の通帳が必要になり手数料が発生します。

振替と呼ばれる銀行のサービスとは

振替

振替と呼ばれる銀行のサービスは同一銀行や同一支店の口座間での資金移動を行うことを言います。振替は一般的に本人名義の別の口座に送金する手段として利用されています。多く利用される振替では普通口座や貯蓄預金口座間の資金移動などになります。振替は一般的に呼ばれている口座振替のサービスとは異なります。

その他の振替

一般的に口座振替と呼ばれる銀行のサービスを多くの人々が利用されています。
口座振替は銀行が提供している振替とは異なるサービスになります。

口座振替とは基本的に預金口座から公共料金やクレジットカードの支払を定期的に自動で行う決済サービスを指します。公共料金には電気やガス、水道、電話のことを言います。

銀行で口座振替に“振替“と言う言葉が使われている理由には主体が銀行サービスを行う機関であり提供しているサービスが契約に基づき行内の口座から他の口座に支払いの為に資金移動を行われるので振替と言われる言葉が使用されています。口座振替では手数料は発生しません。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ