Sponsored Link

ひな祭りの由来

ひな祭りの由来

昔はひな人形を飾らなかった? ひな祭りの由来について

3月3日は女の子のための行事、ひな祭りですね。
ひな祭りと言えば、まず思い浮かぶのは「ひな人形」だと思いますが、
実はそもそも、3月3日のお祝いに人形を飾る習慣はなかったことを、皆さんはご存知でしょうか?
今回は、そんなひな祭りの由来についての雑学になります。

もともと3月3日は、日本の暦で季節の節目に行う年中行事、節句(せっく)のひとつ、上巳(じょうし)に当たります。
節句は上巳以外にも5月5日の端午(たんご)や7月7日の七夕(しちせき)など、1年に5回あります。
現代では、端午はこどもの日、七夕はたなばたとして知られていますよね。

平安時代の頃から、宮中では節句に儀式を行い、節句料理を食べて祝う習慣がありました。
やがてその習慣は庶民にも広がりました。
お正月にいただくおせち料理も、一年で最初の節句である1月7日の人日(じんじつ)に食べる節句料理が元になっています。

もとは節句のひとつであった上巳がいつ頃から現在のひな祭りとなったのか、実ははっきりとしたことはわかっていません。
もともと上巳の節句には、紙でつくった人形を川に流し、厄祓いをする流し雛(ながしびな)の習慣がありました。
一方で、平安時代には貴族の女の子たちが雛遊び(ひなあそび)と呼ばれる人形を飾って遊ぶ習慣が生まれていました。

上巳の節句の儀式と、平安時代の雛遊びがむすびついて、現在の『ひな祭り』の原型ができたのは、江戸時代に入ってからと考えられています。
当初作られていたひな人形には立った姿の立雛(たちびな)や座った姿の座り雛がありましたが、いずれも男女一対、二体の内裏雛(だいりびな)を飾る簡素なものでした。
ひな人形二対
しかし、時代が新しくなるにつれ、ひな人形は武家の嫁入り道具として重視されるようになり、次第に大型化し、華美なものへと変わっていきます。
現代ではメジャーな十二単(じゅうにひとえ)を着たひな人形が作られるようになったのは元禄時代のことです。

享保年間、徳川吉宗の行った緊縮財政によって一時期大型のひな人形が禁止され、芥子雛(けしびな)と呼ばれる小さなひな人形が流行したこともありましたが、江戸後期には内裏雛(お内裏様とお雛様)、三人官女、五人囃子、随心(左大臣と右大臣)といった、現在のひな人形の原型ができあがりました。
3段飾り雛祭り
現代ではひな人形を生産するメーカーによって、三歌人(柿本人麻呂、小野小町、菅原道真)や三賢女(紫式部・清少納言・小野小町)などの人形を追加したスタイルのモノもあります。
(参考:雛祭りwikipedia)
ちなみに、「ひな祭りが終わってもひな人形を片付けないでいると結婚が遅れる」という俗説は、昭和時代に入ってから創られたと言われていますが、旧暦(現在の4月頃)にひな祭りを行っていた頃は、気候的にも湿度が高くなり、人形がカビやすいために早く片付ける必要があったともされています。

以上が、ひな祭りの由来の内容になります。

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ