Sponsored Link

こどもの日の意味と由来について

子供の日の由来

もともとは女の子のための日だった?こどもの日の由来について。

5月5日と言えばこどもの日ですね。
鯉のぼりを飾り、柏餅やちまきを食べて、子どもの健やかな成長を祈る、国民の祝日です。

もともと、日本の暦では、5月5日は季節の節目となる「五節句」のひとつ、「端午」に当たります。
端午の節句には、男子の健康と成長を祈願し行事を行う風習がありましたが、古くをさかのぼると、実は女性のための節句であったことがわかります。

そもそも五節句という考え方は古代中国で発祥し日本に伝えられたものですが、日本ではこの端午の節句の時期、ちょうど田植えの時期にあたっており、豊作祈願のため女が家にこもって身を清める「五月忌み」(さつきいみ)という習慣がありました。この五月忌みと端午が結び付けられ、端午の節句は女性のための日とされたのです。

子供の日のもと端午の節句は鎌倉時代から

子供の日 菖蒲
端午の節句が男子の日になったのは鎌倉時代以降のことです。
鎌倉時代といえば武家社会が成立した時代でもあります。
5月頃に咲く花として菖蒲が知られていますが、この「菖蒲」「勝負」と同じ読み(しょうぶ)をすること、また菖蒲の葉が刀に似ていることから、端午の節句は男の子の節句として考えられるようになったのです。
以降、昭和時代に至るまで、その習慣は続きました。

世界の子供の日

1920年、トルコで4月23日が「国際主権と子供の日」として制定され、後に1925年、ジュネーブの子供の福祉世界会議で6月1日が『国際子供の日』として制定されました。
現在、「子供の日」を制定している国は数多くありますが、旧共産圏を中心とした多くの国がこの6月1日を「子供の日」としています。
1954年には国連総会が11月20日「世界こどもの日」として制定、エジプトやカナダなどで11月20日が「子供の日」として制定されています。

日本の子供の日

子供の日兜
日本では戦後の1948年(昭和23年)、端午の節句であった5月5日が『こどもの日』として、国民の祝日として制定されました。
国際子供の日が6月1日と端午の節句に近かったこともあり、また、当時国会にこどもの日を祝日にしてほしいとして寄せられた嘆願にも、端午の節句=5月5日をこどもの日にしてほしいと希望する意見が多かったことから端午の節句がこどもの日になった、ということです。
(参考:子供の日 wikipedia)

以上が、こどもの日の由来の内容になります。

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ