Sponsored Link

敬老の日の由来について

敬老の日

敬老の日の由来って?

毎年、お年寄りの方々を敬う日としてやってくる敬老の日。
長い人生を歩んできた私たちの大先輩でもあるお年寄りの方々を敬うわけですが、
この敬老の日の由来ってご存知ですか?

今回は意外と知られていない敬老の日の由来をご紹介しましょう。

昭和22年「としよりの日」

敬老の日の由来、歴史は昭和22年にまでさかのぼります。

昭和22年、兵庫県多可郡野間谷村では村長と助役により「としよりの日」が作られました。
これはお年寄りの昔からの知恵を村づくりに活かそう、人生の大先輩でたくさんの経験をしてきたお年寄りを大切にしようという意図から作られました。

当時は多くの人が農業に従事しており、農作業が一段落する9月15日が「としよりの日」として定められ、敬老会が開かれました。
この行事が全国的に広まっていき、9月15日が敬老の日として定着しました。

敬老の日は今現在では9月の第3月曜日となっています。
これは2001年に「祝日法改正」がきっかけとなっています。

とにもかくにも敬老の日の由来は「としよりの日」なわけですね。
しかし、実はこれ以外にも敬老の日の由来は諸説あります。

正徳太子の説

これは593年に正徳太子が「悲田院」という建物を9月15日に設立したことを由来とする説です。
悲田院というのは、身よりのない老人のための施設、いまでいうと老人ホームのような施設ですね。

元正天皇の説

元正天皇は717年の9月に岐阜県の養老の滝へ行幸しており、年号を「養老」と改元しました。
元正天皇は養老の滝での孝行息子の話を耳にして、養老への行幸、つまり外出をすることにしました。

これがきっかけで年号を養老に改めたと言われており、
この行幸が9月中旬に行われたことが敬老の日の由来になっているのではないかというのがこの説です。

このように敬老の日には諸説ありますが、どれをとってもお年寄りを敬う気持ちが見てとれますね。
敬老の日も目前まで迫ってきています。
改めて身近にいるお年寄りへの感謝の気持ちをあらわしてみてはいかがですか?

以上、敬老の日の由来についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ