Sponsored Link

雑学

雑学一気読み

お忙しい方必見!雑学一気読みページ

長い文字を読むのは余り得意じゃない!!
ちょっとした時間で読みたい!

そんな、貴方に雑学の駅の内容を簡潔にしているページになります。
随時更新しています。

動物・生き物雑学

動物雑学

■タラバガニはヤドカリの仲間
タラバガニは、「カニの仲間では無くヤドカリの仲間」タラバガニは横だけではなく前向きにも歩く事ができる。
詳しくは、「タラバカニはヤドカリ!?」の記事をどうぞ

■ヘビのいない国
世界のあちこちに生息しているヘビだが、「ニュージーランドにはヘビがいないと言われている」ニュージーランドは、他の大陸と離れた孤島の為、ヘビが侵入していないから。
詳しくは、「ヘビのいない国」の記事をどうぞ

■ハブよりマムシ
沖縄で有名なハブだが、実は日本のどこでも見かける「マムシの方が毒性が約3倍も強い

■ホタテの目は80個!?
ホタテの貝ヒモの部分には80個~100程度の目がある」ただし、明るいか位か程度のしか判別出来ない位の視力だと言われている。
詳しくは、「ホタテの目は80個」の記事をどうぞ

食べ物・飲み物系雑学

食べ物雑学

■銀杏が臭い理由
銀杏が臭いのは、「酪酸とぺプタン酸」という物質の臭い。銀杏に強烈な臭さに、ネズミや猿でも銀杏を食べないと言われている。
詳しくは、「銀杏が臭い理由」の記事をどうぞ

■そうめん(素麺)とひやむぎ(冷麦)の違い
「そうめんは麵の太さが1.3mm未満、一方冷麦(ひやむぎ)は1.3mm以上~1.7mm未満の麵の太さ」
「そうめんは手延べ麵が支流、一方ひやむぎは機械製麵が多い」

ちなみに、うどんは麺の太さが1.7mm以上の物を言う。

■薄く作るとアメリカンコーヒー?
普通のコーヒに水を多く入れればアメリカンコーヒーの出来上がり♪
大間違いではないが本当は「アメリカンとは豆を浅く煎ったさっぱりしたコーヒー」の事。
ちなみに、深く煎ったコーヒーは苦いイメージが強くカフェインも多そうに思えるが実際は、浅く煎ったコーヒーの方がカフェイン量が多いと言われている。

■うなぎの刺身はあまり食べない
うなぎを刺身で食べない主な理由は「クチオヘモトキシンという毒がうなぎの血に含まれている」からである。
※綺麗に洗い流せば食べられない訳ではない。

■熟していない果物を早く熟す方法
未熟な果物を早く熟すには「りんごと一緒にビニール袋に入れる」だけ。
りんごには、エチレンガスという老化を早めるガスを出す性質があるため。

■アイスクリームの賞味期限
アイスクリームに賞味期限が無い理由は、
「マイナス18℃以下で保存されているので品質の変化や細菌などの繁殖もしないため」
ただし、冷凍庫の開け閉めが多い場合は庫内の温度が変わるため注意が必要

■ミラクルフルーツ
ミラクルフルーツと呼ばれる果実をかじってから酸っぱい物を食べると酸っぱいものが甘く感じるようになる。
ミラクルフルーツに含まれる「ミラクルリン」というタンパク質の性質による。

■チーズは完全栄養食品!
栄養の塊だと言われているチーズが完全栄養食品と言われる訳は、
「カルシウム・ビタミンAとB・タンパク質の栄養価が牛乳の10倍」もあるからだと言われている。

■カニの缶詰にガラス!?
カニの缶詰に稀にガラス片の様なものが入っている時がある。
このガラス片の様なものは「ストラバイト」と呼ばれるものでカニのマグネシウムやリン酸が結晶化して出来るもの。
人体には無害で体に入ってしまえば溶けてしまう。

■しらたきと肉を一緒にすると肉が硬くなる
すき焼きの定番、しらたきと肉は近づけると肉が硬くなると言われている。
その理由には、「しらたきを作る際に水酸化カルシウム(凝固剤)を使用するから」
ポイントは、肉を野菜で囲んでしらたきから遠ざける。

■大豆と枝豆は一緒
茶色い大豆、緑の枝豆、違いは収穫の時期、「大豆になる前の未熟なうちに収穫された物が枝豆」

■サラダ煎餅には野菜は入っていない
サラダ煎餅の(サラダ)は「サラダ油の事」で大半の人が勘違いしているサラダ=野菜ではない。

■ストローでビールを飲むと酔いやすい?
ストローで飲む分、「少量ずつ体内に入るため吸収されやすくなるため酔いやすくなる。」

■ゼロカロリーの飲み物でもカロリーはある
ゼロカロリーと記載されている飲み物でも、「栄養表示基準では5㎉未満」はゼロカロリー・ノンカロリー・カロリーオフなど強調表示をしても問題はないとされている。

■グレープフルーツ
グレープフルーツはブドウに見えないのにグレープフルーツと呼ばれているのは、
「ブドウの房の様に木になっている」からだと言われています。

雑学の内容を詳しく知りたい方はこちらの「雑学」TOPからご覧下さい!

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ